読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love has never gone baby

空気みたい やっと気付いたんだ

Hey! Say! 闇の組織JUMP

Hey! Say! JUMP

こんにちは。

息子の運動会を見に行けなかったダメ親なぴえにです。

ごめんね…ダメなママでごめん…

でもね、ママ…あなたのこと大好きだから…

それだけは忘れないでね…

と、いう悔しさと悲しさを全て妄想にぶつけてみました。

 

唐突ですが、

 

Hey! Say! JUMPのドラマが見たい。

 

 

JUMPも今年10周年を迎えるということで、どうしてもわたしは9人出演のドラマか映画をやってほしいんです!

スペシャルドラマでいいから!!!2時間ドラマでいいから!!!自主映画でいいから!!!

もちろん内容はどんなものでもウェルカムなんですけど、

個人的には闇の組織に生きるJUMPくんが見たい。

メンバー同士で命を狙いあうJUMPくんが見たい。

銃を向け合うJUMPくんが見たい。

 

Hey! Say! 闇の組織JUMPが見たいんじゃ~~~~~~!!!

 

ということで、独断と偏見に基づく設定を考えてみました。

 

 

 

八乙女光

代々続く有名闇組織一家のお坊ちゃん。

闇組織一家が故に常に命を狙われているものの、本人は飄々としている。

お坊ちゃんだけどかなりのおバカで散々家庭教師を泣かせてきた。

おバカだけど身体能力は高くて武闘派。自分の身は自分で守れる。

一番の側近である薮と組めば向かうところ敵なし。

義理と人情に厚い人。

一番下っ端の圭人のことをよく気にかけているが、本人曰く「一番のおもちゃ」

 

 

知念侑李

一切表に出てこない天才ハッカー。機械に強い。

代々八乙女組の組員一家出身だが、裏方仕事ばかりなので闇社会に顔は割れていない。

乱闘になっても表には出てこないが、抜群の運動神経の持ち主。

八乙女組の屋敷を守る最後の砦。

一番の側近の薮のことは「おじさん」と呼んで慕い、

下っ端の圭人のことはアッシーとして使う。魔性の男。

 

 

岡本圭人

産まれてすぐに孤児院に入れられ、施設で育つ。

そこで出会った裕翔とは血は繋がっていないものの、兄弟同様な関係性。

14歳の頃自分の実の親が八乙女組の組織の一員であることを知り、

本当の親を探すために自ら組織に入ることを決意。

一応闇組織の一員のはずなのにビビりで泣き虫。人を殴れない蹴れない殺せない。

基本的に敵と対面した時は危害を加えずに逃げる。とにかく逃げる。

逃げる能力はとてつもなく鍛えられたため、身体能力は高い。

光や薮から一流の指導を受けるものの、実践したことはない。

ガーデニングが得意で自称・八乙女組の庭番

 

 

 


・薮宏太

闇組織の末裔。

八乙女一家に一族を殺されたものの、たった一人生き残った男の子。

生き残った男の子がいることは、八乙女家含め闇社会では気づかれていない。

復讐を誓って小さい頃から八乙女家に潜り込むスパイ。

光から信頼されていて、今では右腕とも呼ばれる地位に。

秘密裏で組織づくりをしていて、復讐のチャンスを狙っている。

狙撃が得意。冷めた目で迷わず1発で心臓を打ち抜く。

証拠も残さず、後始末の跡も残さない完璧な男。

 

 

・髙木雄也

絶世の女たらしで元怪盗。

元々闇組織とは無縁だったが、ヤバい組織の女に手を出して命を狙われていたところを薮に助けてもらった。

薮の秘密組織に入って、盗みからは足を洗ったものの、女たらしは健在。

顔が広い(主に女)ため、色々な情報を持ち合わせている。

色仕掛けが得意。色気大魔神

彼に誘われてNoと言える女はいない。

狙撃は苦手で銃は持ち歩かない主義。

「そんな物騒なモン持って女の子とデートできないでしょ?」

殺しは好まないが、薮の命令なら抱いた女もためらいなく殺す。

自分の唇に毒を塗って、毒薬のキスで殺すのが彼の手口。

(参照:ブラッディマンデイ吉瀬美智子

 

 

・伊野尾慧

代々薮組の組員一家出身で、薮と同じく父親を八乙女組に殺されている。

その後は大学の研究員として生活していたが、薮から直接声をかけられて闇社会へ戻る。

研究員の経験を生かして薮の秘密組織では爆薬や毒薬を開発している。

機械に強く、爆弾処理も得意。

爆弾にビビる髙木の前で銅線を見せつけるように

「どっちかなぁ~?赤かな?青かな?」と煽るのが好き。

薮とは生まれた時から幼馴染で、お互いに心を許し合う存在。

戦闘には一切参加しないが、銃の腕はそこそこ。

一発で心臓は打たずに手足を狙って相手の動きを封じ込め、散々苦しめる悪趣味男。

「ごめ~ん!外しちゃった!」とヘラヘラいたぶってとどめは刺さずに出血死に追い込む。

 

 

 

山田涼介

全世界に指名手配中の天才殺し屋

金さえ払えばどんな仕事でも完璧にこなす。

決定的な証拠は絶対に残さないため、警察もあと一歩のところで捕まえることが出来ない。

身内もいない、組織に属することを嫌う、孤独の一匹狼。

雇われればどんな仕事も受けるため、八乙女組の下で働いたこともあれば、薮の秘密組織の下で殺しをしたこともある。

ナイフ使いの天才で、圧倒的身体能力を生かして秒で敵の首にナイフを突きつける。

すぐには殺さずに十分いたぶってから殺すサディスト。

人と関係を持つことを嫌うが、八乙女組で出会った圭人のことは境遇も似ているためなんだか放っておけない。

どこでもすぐ寝る。寝ないと動けない。

八乙女組の庭で昼寝をするのが唯一の趣味。(庭番もセット)

 

 

・有岡大貴

謎の人物。年齢不詳。

薮の秘密組織でも八乙女組もよく使う草の者

時には味方、時には敵で、男版峰不二子

ある時には薮側につき、ある時は八乙女側につくが、決して表には出てこないため薮と光はそれぞれ裏で有岡が敵になってることは知らない。

2人とも常に自分の味方側の人間だと信頼している。

お互いどっちつかずの人間同士で涼介とは会うたびに味方だったり敵だったり複雑な関係だが、有岡本人はそれを楽しんでいる。

尋常じゃなく顔が広く、情報屋として闇社会では有名。

実は両親と組員を殺されて絶望の淵で悲しむ薮を八乙女組の潜入スパイとして復讐を勧めたのはこの人。

表情を見せることは一切せずに、常に笑顔。逆に怖い。

何を考えているのか分からないが、多分一番の闇はこの人。

 

 

 ・中島裕翔

警視庁捜査一課7係所属の新米刑事

5歳の頃両親を交通事故で亡くして孤児院へ。

そこで同い年の圭人と出会い、一緒に育つ。

刑事だった父親の背中を追って自分も同じ世界に入った。

警察学校をトップの成績で卒業し、将来も有望なエリートだが

警察内部の闇に疑問と嫌悪感を抱いている。

正義感が強く、まじめが故に曲がったことは大嫌い。

柔道・空手・剣道が得意で、長身を生かした武闘派。

 

 

 

っていう設定がいい!!!(いい、とは)

もうなんか自分で書いててめちゃめちゃ複雑だね!!!

よくよく考えると9人ってかなり大所帯だね!!!配役難しいな!!!

個人的にこの設定で見たいエピソードも考えてみたんで…

脚本家でも演出家でもないけど考えてみたんで…

ここで成仏させておきますね…

 

 

・育ての親を殺されたとりんとりん

施設で育った2人だが、2人が14歳の頃その施設の職員が亡くなった。

当時は事故で亡くなったと知らされていたが、裕翔が警視庁で他の事件を調べているうちに

育ての親は実は何者かに殺されていたことを知る。

事件が隠蔽されていたことを憎み、真実を突き詰めるためにも2人は復讐を決意。

 

み!た!い!な!展開!

裕翔りんと圭人りんは血の繋がっていない双子感あるじゃないですか!

ぜひここは2人で復讐を決意してほしい!

闇の世界を生きる圭人りんと、悪を正す世界を生きる2人が裏では繋がっててほしい!

産まれた時から施設にいる圭人りんはもう本当に自分の親みたいな存在を殺されてるわけです!

普段は温厚で人を殴れない優しい圭人りんが唇をわなわなさせて机ぶったたくシーンとか見たい。

裕翔りんが警察という立場ながらどんどん闇の世界に足を突っ込んでいってしまう姿が見たい。

この2人はやぶひかの対決とは別のところで力を合わせて戦っててほしい。

もうさっさとウロボロスやりなさい。

 

 

・犬猿の仲なやまゆと

14歳の時に施設の育ての親を亡くした裕翔と圭人だが、圭人は八乙女組に入ることを決意、裕翔は違う施設に移ることになった。

新しい施設で出会った、誰とも会話をせず完全に孤立していた一匹狼が涼介。

その頃から馬が合わず、お互いに敵視し合う関係。

警察官になった今でも一度だけ涼介を追い詰めたことがあったが、あともう一歩のところで取り逃がす。

そのこともあり、裕翔は涼介の名前を聞くだけで機嫌が悪くなるし、

涼介もそのことを面白がっていて、わざわざ裕翔宛に犯行予告を送るほど。

 

もうこの2人にはルパン銭形警部みたいな関係性でいてほしい!!!

常にライバルなんだけど、根本的なところではお互いを認め合ってる…みたいな!!!

裕翔りんが山ちゃんを追い詰めた時になんかビルに火つけられて(なんか、とは)

窮地に追い込まれた2人が「今は休戦な」とか言って2人で脱出を試みる展開とかくれ。サイコーーーー。

 

 

・パーティーに潜入するいのたか

薮くんの命令でダンスパーティーに潜入するいのたかが見たい!!!

普段は表には出てこないくせにパーティーのご飯に釣られて出てきた伊野尾くんと

女の子漁る目的でノリノリな雄也とで舞踏会に繰り出してほしい!!

で、薮くんはテンション高い2人に真顔でパーティードレス差し出すの。

伊野尾慧にパーティードレスを着せたいから。

伊野尾くんにガチ女装させて雄也にエスコートさせたい!

(参照:2016Mステクリスマスライブのいのたか)

薮くんにコルセットぎゅうぎゅう絞められて「内臓出るわ!!!」ってキレてほしい。

完璧に女装して綺麗にしてるのに

「うわぁ~!髙木ぃ!見てこれ美味そ~~~!」って騒いでるし、

雄也はそんないのちゃんほっぽり出して美女はべらかしてる。

2人とも本来の目的を忘れてはしゃいで薮くんに後でゲンコツ食らうんだよね。

 

 

・コスプレ大ちゃん

草の者の大ちゃんは色んなところに潜入して情報を集めてるんですよ!

そんで毎回毎回のその潜入場所に合わせてコスプレする大ちゃんが見たい。

(参照:リーガルハイの田口淳之介

警備員に扮する大ちゃん。

執事に扮する大ちゃん。

幼稚園の先生に扮する大ちゃん。

大学生に扮する大ちゃん。

モンゴル相撲な大ちゃん。

7変化大ちゃんが見たいんじゃ~~~!!!

よく薮くんの秘密組織の事務所にもコスプレ姿で現れて伊野尾くんとかに突っ込まれててほしい。

 

 

光くんの身代わりになる圭人

もう個人的に見たいだけの話なんですけど

光くんをかばって撃たれる圭人くん見たいです。

撃たれそうになった光くんの前に飛び出してきて盾になる圭人くん。

しかも光くんは避けられると思ってた弾

倒れ込んだ圭人に顔面蒼白で駆け寄る光くんと、

「光くん…よかった」ってふにゃって笑う圭人りん見たい。

カーーーッッッッッ!!!

やだ!!!!!

圭人りん死なないで!!!

ダメ!!!!

圭人りん殺すなんて私が許さない!!!!

誰!?!?!?

絶対許さない!!!!!

光くんもちょっとパニックになっちゃうんですけど

薮くんが冷静に対処して救急車で運んでくれるのよ。

「光、大丈夫だから」って。

後日病室で「あ、光くん!お見舞い来てくれたのー!?」ってぴんぴん元気な圭人りんと、

「お前ふざけんじゃねえよ!!!」ってキレながら頭ぐちゃぐちゃに撫でる光くん見たい。

ただ単に気絶しただけ、ってオチでよろしく頼む。

モンペがうるさいから。

 

 

・銃を向け合うやぶひか

何が書きたくてこの記事書いたかって言ったらこの対決するやぶひか書きたいが故だよね!!!

まあ自他共に認めるシンメ厨なんで

シンメには「お互いの命を狙わせる」か「2人で力を合わせて敵の命を狙わせる」かめちゃくちゃ迷うんですけど

でもやぶひかにはお互いの命を狙いあってほしいの!!!

シンメにも色々あるけどさ!!!

にのあいには敵の命狙ってほしいけどさ!!!

やぶひかには!!!

お互いの命を狙いあってほしいんだよ!!!

 

最初のころは薮くんもただひたすら復讐することだけを考えて生きてるんだけど

ついに光くんの右腕にまで登り詰めたら、殺すことに躊躇してほしい。

ずっと殺すチャンスはあったのになかなか実行に移せないんだよね。

そこで伊野尾くんに「薮にも情なんてもんが存在したんだね」とか挑発されて

舌打ちする薮くんが見たい。機嫌悪い顔見たい。

きっと薮くんにこのセリフが言えるのは伊野尾くんだけだと思う。

そしてついに復讐のチャンスが訪れるんだけど

その時は薮くんが冷徹な顔で一切表情を変えずに光くんのこめかみに拳銃突き付けてほしい。

「薮……?」

「…」

「お前っ…!!」

って驚きと裏切られた絶望とで震えながら涙をこらえて薮くんのこと睨み付けてほしい。

ワナワナ震えながら同じように薮くんに対して拳銃突き付けてほしい。

2人して拳銃を突きつけるやぶひかが見たいんじゃーーーー!!!!

表情一切変えないくせにいつまでたっても引き金を引けない薮くんと

涙目で怒りと絶望をあらわにしながら震える手で拳銃突き付ける光くんが見たいんじゃーーーーー!!!!

 

 

 

もうなんか人格が千鳥に乗っ取られてきたんでこの辺で終わりにしときます。

関係各所の皆様!ぜひ!おじゃんぷくんに主演ドラマをお願いします!!!

 

 

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!